くにまりのブログ

ボカロPのくにまりです。日記とか思ったこととか書きます。

自分とスポーツ

くにまりです。

今日、学校で球技大会がありました。自分は最初バトミントンを選択し、ずっとバトミントンをする気でいたんですが、直前になって人数不足のためにサッカーに強制変更となりまして。

結果。

いや、やっぱ俺サッカー向いてねえわ!

…皆様お察しの通り僕は球技ができません!(バトミントンは球技じゃない。あれは羽根だ。)

自分でもクラスメイトの足を引っ張ってはいけないと、ルールは全部頭の中に叩き込んでいったつもりだったんですが。オフサイドってなんやねん。ピピー!って笛がなって、なんだか気まずい雰囲気に。無言の圧力ってやつですよ。うわぁ…あいつなんでそんなことで…みたいな。オフサイドよくあることなのか知りませんが。てかもっとサッカーの試合を見てから臨めばよかった。

いや、ルールだけだったらあとは気をつけるだけで良いんですが、…ねえ。なんであんなぶつかっていくかなぁ。人突き飛ばしてるやんけ。どんだけ凶暴なんや…

そう思った矢先、膝蹴りを喰らいまして。みぞおちにスッポリ、クリティカルヒットでございます。

もうなんかあれだね、死を覚悟したね。痛いのなんの、そのまま地面に倒れこみ重症アピールです。いや、本当に痛かったからね?

ボールを蹴ろうとして僕を蹴ったおかげでボールは上手い人に渡ったから良かったんだけど。痛い。痛い痛い!

誰でもいいから助けてくれ。

 

 というわけで、今日の日記は自分とスポーツについてを書きます。誰がなんと言おうと書くぞ。

 

自分、運動すること自体嫌いではないんです。むしろ体を動かすことは好きな方で、中学時代は水泳部に所属していました。(某テレビ番組に出た時、真っ黒だったのはこのせいです。ちなみにまだ少し日焼けが抜けてない…)

おかげで長距離走には自信があります。体力テストで10点中9点をとり、ハンドボール投げの4点をカバーしています。ビバ持久力。走ることも楽しくて、よく家の周りを走っています。

ほかにも、球技は「する」自体は苦手なんですが、作戦を立てたり観戦したりするのは好きな方です。相手がどう動くか、とかどこに動けば相手の隙を突けるか、とか…

あとはチームでワイワイするのも好きなんで、味方を盛り上げるのも得意です。いやそれ球技関係ないから。応援なら誰にも負けないぜ!

なんでだろう。昔からボールを扱うのが好きじゃないんです。兄もそうなんです。てか家族みんな揃って苦手なんです。これもしかして遺伝子レベルでダメなんじゃないの。それだったらもう救いようは無ェ。俺は音楽に生きるぜ。あばよ、球技

 

いや…それはダメだと思いますが。

そうそう、この前は学年行事と称して、ドッジボール大会をやったんですよ。地獄でしたね。高校生にもなれば(球技やってる人は)腕力ヤバいわけですよ。ビュンビュンですよ。ボールだと思った?残念、それは残像だ。(なんかいろいろ混ざってる)

いや、思いましたよ。

なんでいまさらドッジボールすんねん!

ほら、もっとあるやろ!なんで今さらドッジボールやねん!あれこそ昔から悲劇しか生まないスポーツじゃねえか!サッカーはまだしもまだドッジボールかい!小学生からなんも変わってないやんけ!

とボロクソに書きましたが、案の定ボロクソでした、まる。

一度投げる機会があったんですが、投げた瞬間相手のハイエナ達が目にも留まらぬ速さでそのボールを奪い取り、ポカーンとしている自分に豪速球を投げつけてきたのを目の当たりにしてからというものの、逃げるに徹することになりました。

逃げるって最高。あれって、端っこの方を行ったり来たりうろちょろしてボールになるべく遠くいるようにすればあとは誰か上手い人がやってくれるんですよ。最高。

で、自分がコソコソ逃げてる間に例によって勝ち進んでいったんですよ。途中1度だけ負けて、3位か4位だったかな、決定戦をしたんです。

結果は10-10(生き残ってる人)の引き分けでした。でも、賞状が一枚しかない。

どうしたと思います?

 

ジャンケンです。

 

は?

 

ここまできてジャンケンかよ!

じゃあさっきのはなんだったんだよ!

となったのがこの前のドッジボール大会でした。ちゃんちゃん。

 

結論。やっぱり音楽が一番。関係ないからそれ。

以上、くにまりでした。

 

 

スポンサードリンク