くにまりのブログ

ボカロPのくにまりです。日記とか思ったこととか書きます。

自分の楽曲制作スタイルを解説してみる

くにまりです。

昨日集中して曲を制作したら、1日で1曲オフボーカルのMIXまで終わらせることができました。16時に家に帰ってきて、部屋に引きこもって21時に夕飯を食べて、21時30分から作業再開、作り終えて気がついたら27時でした。


f:id:kunimaly:20160319225816j:image

作業中何回かデレステをやったりブログを書いたりTwitterしたりしていたので実質制作時間はもっと短いんですが、いつもDAWに常駐させている時間を測るプラグインによると、7時間らしいです。

7時間で1曲。いや、ボカロの調声を含めるならばもっと掛かるんですが、大体10時間で1曲は作れてしまいます。

自分の曲を作るスタイルは、作曲とアレンジとMIXを同時進行で行うものです。

とりあえずSampleTankのトラック1に"Grand Piano 2"を読み込ませて(1よりも2のほうが芯のあり音で好きです)、パソコンの前に置いてある電子ピアノ(MIDIキーボードとして使用)をじゃかじゃか弾いて、しっくりきたフレーズをとりあえず録ってみる。納得行かなかったらもう一度。納得できたら次に行かずにそのまま上モノを乗せてしまいます。

ピアノの音は作品が出来てきたら雰囲気に合わせて音色を変えてみたり、コンプかけて潰したり、はたまたエレピにしちゃったりします。場合によっては録音し直します。

曲のメロディ、ボーカルの代わりにファミシンセで普通のピコピコ音をガイドとして入れています。

MIXの時にEQで帯域カットとかすると思いますが、自分は音色をロードしたらすぐにざっくりとEQを掛けてしまいます。こうするとあとどの音が足りないのか、これからどういったプラグインを掛ければ良いのかってのがわかり、制作がスムーズに行くはずです。多分。これ自己流なんで本気にしないでください。

そんな感じにやってったらいつの間にか曲が出来てるって感じですかね。途中コピペはもちろんしますけど各楽器のフレーズを少し変えてみたりリズムをいじってみたりしてるから手抜きじゃないよ

んでオケができたらボカロの声を入れていくんですが、自分はぼかきゅーV3を使っています。CubaseVOCALOID Inst をインストゥルメントトラックに立ち上げたら、メロディラインのMIDIをコピペするだけ。ただし歌詞に合うようにしっかりMIDIを作っておかないと面倒になります。

調声は…お恥ずかしながら適当です。CLEとGENとDYNぐらいしかいじってません。てかこれで大体決まると思う。あとはぼかきゅーエディタ上でしゃくりを入れるぐらいかな…

こんなこと言ってたらボカロ調声ガチ勢の方々に怒られるよね。今度来須らせさんに聞いておきます。や、でもあの方はUTAU専攻だったな…よし、じゃあ今度の曲はUTAU曲だな!(ニッコリ)

取り留めなく書いてしまいましたが自分の制作はこんな感じです。もっと集中して時間短縮したい。いや、ポンポン曲作れるようになりたい。仕事が多い。勉強がヤバい。数学はクソ


以上くにまりでした!数学頑張ろう!(涙目)
スポンサードリンク