くにまりのブログ

ボカロPのくにまりです。日記とか思ったこととか書きます。

「DAWプロジェクトファイルのバックアップ」どうすれば良い?自分なりに考えてみた ①プロジェクトの整理編

くにまりです。

とある方の話題で、「DAWなどのプロジェクトファイルのバックアップ方法がいまいちわかっていない」ということがTwitterで流れておりました。どうやらウイルスでPCがやられてしまい、大事なプロジェクトファイルのデータが消失してしまった方がいるそうで。。。

人の振り見て我が振り直せ!という格言もあります。そこで、自分なりにバックアップの方法を考えて記事にしてみたいと思います。

まずはPart1、プロジェクトの整理編です。

 

プロジェクトフォルダの現状を調べてみた

まず初めに、自分が使用しているDAWである、Cubaseで作ったファイルをいつも保存しているフォルダ「Cubase Projects」フォルダを調べてみました。

f:id:kunimaly:20160323152911p:plain

8.40GB。なにがあったらこんなに大きいサイズになるんだ。しかもファイル数が1600を超えています。

f:id:kunimaly:20160323153145p:plain

中身はこんな感じ。※プライバシーの都合上、黒塗りにしてある部分があります。

ここで例に、「Sky Dreams arrange」フォルダを見てみましょう。

f:id:kunimaly:20160323153557p:plain

f:id:kunimaly:20160323153343p:plain

フォルダの中には、cprファイル(プロジェクトファイル)と、bakファイル(バックアップファイル)が乱雑に置かれています。

さらにその奥のAudioフォルダの中には書きだしたwavファイルが!

f:id:kunimaly:20160323153726p:plain

この曲、ミクとGUMIのデュエットなのですが、調声を依頼した時に「ミクだけの音声」のファイルを書き出し、相手から「GUMIのボーカル」を頂いたので、こんなにも多くのファイルが転がっています。しかも、確認用にmp3ファイルに変換したものもあり、サイズが膨れ上がっているようです。

 

これはマズイ。まずはCubase Projectフォルダを整理するところからです。

バックアップする前にフォルダを整理する

使うソフトはこれです。

Folder Size

freesoft-100.com

フォルダ解析ソフトです。特定のフォルダの中のファイルがどの容量を占めているかということがわかります。

ダウンロード・インストール後、ソフトを起動するとこのような画面になります。

f:id:kunimaly:20160323154813p:plain

この赤線で囲ったフォルダのマークをクリックすると、フォルダ選択画面になるので、自分のプロジェクトファイルが入っているフォルダを選択します。自分の場合は「ドキュメント→Cubase Project」を選択。

f:id:kunimaly:20160323155024p:plain

すぐに解析が始まり、数秒も経たないうちに完了します。

f:id:kunimaly:20160323155258p:plain

色々見せられないのはごめんなさい。依頼とかのファイルなので…

この円グラフなどを見ると、特定のファイルにどデカイファイルが詰まっているようです。中を確認してみますと、「耳コピ用にアニメ一本分をwavに変換したファイル(24分、400MB)」とか「マスタリングが気になって7回やり直した時のwavファイル(合計300MB)」とか、ゴロゴロゴミがでてきました。

全部消せ!

 

さらにさらに困るのが、「パラデータ」というトラックをひとつひとつ全部書き出したもの。今では一つのプロジェクトファイルで2MIXまで制作してしまうのでパラデータを書き出すことは無くなったのですが、以前まで低スペックのPCを使用しており、一度全部書き出さないとまともにMIXできないという状況でした。前PCで作成していたプロジェクトフォルダの中に、大量のパラデータのwavファイルが存在しているのです。

f:id:kunimaly:20160323160705p:plain

こういうの。さらにはこの曲、トラック数が異常に多く、合計1600MB、つまり1.6GBを占めていました。

もう一度書き出せばいつでも復活できるので、本来なら消しても良いのです。しかし、これを消してしまうとMIXのデータが消えてしまうので、こういった「ファイルサイズがデカくて、本当はいらないんだけど消したくはないファイル」は外付けハードディスクに移動することにしました。ただ、下手に動かすとMIXプロジェクトから読み込めなくなってしまうので、この方法を使います。

【Cubase 7シリーズ】コンピューター入れ替え時に作曲したファイルを移行する方法を教えてください。 - ヤマハ

これはCubase備え付けの「プロジェクトのバックアップ」機能を使う方法で、cprファイルから音声ファイルまですべてまとめてコピーすることが出来ます。

f:id:kunimaly:20160323162710p:plain

勝手にやってくれます。移した先は、bakファイルがないので非常にすっきりとまとめることができました。

f:id:kunimaly:20160323163031p:plain

もちろん、ちゃんと読み込ませることが出来たので、元のファイルはすべて消してもOKです。

 

他にも、

  • 制作がすべて終わったプロジェクトのbakファイル
  • 試しに作ってみたけど結局進める気がなくなったプロジェクトフォルダ
  • マスタリングを聴き比べた時の古いマスタリング音源
  • 編集中の音声ゴミファイルCubaseはよく作成されやすいです)

これらを見つけて削除していきましょう。ただし、必要なファイルを消してしまいあとからプロジェクトが開かなくなってしまった!という事態にならないよう、一度すべて外付けHDDにバックアップしておいて、それから整理していくことをオススメします。

 

整理後のCubase Projectフォルダはこのようになりました。

f:id:kunimaly:20160323163849p:plain

約半分。これでもまだ削除していないものもあるので、多分全部消したら1GBぐらいに収まると思います。

 

これでプロジェクトの整理編は終了です。本日中にバックアップ編を書き上げたいと思います。

続編→ 

kunimaly.hateblo.jp

 

以上、くにまりでした!

 

スポンサードリンク