読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くにまりのブログ

ボカロPのくにまりです。日記とか思ったこととか書きます。

秋葉原で買った599円のMP3プレーヤー「WALK BEAT」が意外と使える件。

くにまりです。

この夏休みを利用して、東京に行って来ました!もう学校の部活の仕事で追われる毎日はイヤだ!俺は東京行くんや!って感じに。マジでブラックですよあの部活…

大学のOCという目的もあったのですが、東京観光という名目で秋葉原へ行ってまいりました。

うん、すごいね。

自分の興味あるものが多すぎてすごかったです(小並感)語彙力無い。

目を輝かせながら色々なお店に入っては品定めして…を繰り返して7時間ぐらいかな、秋葉原でウロウロしていました。期間限定のアイマスオフィシャルストア開いてたのは本当に運が良かった。しかもそこで引いたデレマスGARAPONで一番欲しかったB賞が当たり、輿水幸子ちゃんのキーホルダーをもらってきました。

自分、今までこういうの一度も欲しいやつ当たったこと無いんですよ。これが初めて。めっっっちゃ嬉しかったです。おかげで東京にいる間のリアルラックを使い果たしたようで、次の日には電車が運行見合わせになり、その次の日も買ったおみやげが大破したりと…

 

まあそんなことはどうでも良いんです。本題に入ります。

 

秋葉原で買った格安MP3プレーヤーが意外と使える。

あきばお~だったっけ。色々見ているうちに、いかにも怪しそうなMP3プレーヤーを発見しました。その名も「BEAT WALK」!。多分これ、ゲーセンのUFOキャッチャーとかの景品で使われているものだと思うんですが、お値段なんと599円。安い。友人へのおみやげも兼ねて2セット買ってしまいました。

外箱。擦り傷が多いです。

本体の他に、日本語の説明書、USBケーブル、イヤホンが入ってました。ちなみにUSBケーブルは接続不良が激しく、イヤホンに関しては100均イヤホン以下の音質なので使わないことをおすすめします。

イヤホンがiPod付属のものに外見が似ているのはご愛嬌。

www.amazon.co.jp

どうやらこれらしい。☆2ですね…

 

早速パソコンに繋いで充電し、音楽を取り込みます。充電自体は2時間程度で終わるので、自分の持っているmicroSDカードにMP3形式の音楽ファイルを入れていきます。

説明書ではWMPiTunesを使うように書いてありますが、iPodのように転送することは多分できないと思います。エクスプローラーでmicroSDカードを開き、そこに音楽ファイルを放り込めばOKです。こんな感じ。

ここで注意すべき点。このプレーヤーはフォルダ分類など関係なしに、”入れた順”に再生されます。(多分ファイルの作成日時順でソートされているみたい?未確認ですが。)なので自分の思った順番で再生されるようにするためには、一曲ずつ確実に入れていったほうが良いです。ちなみにこのプレーヤー、シャッフル再生機能はついてません

説明書を参考にmicroSDカードを本体に挿入します。絶対に方向を間違えないように。以前こういう格安MP3プレーヤーを使ってた時に、方向を間違えてカード・本体共にお釈迦にしたことがあります。

セットしたら電源を入れます。左側面にON・OFF・ライトスイッチがあるので、ONにカチッと。

なんでここにライトをつけたんだろう…便利だけどね。

電源が入ります。入らない時もしばしばあるので、何回かON・OFFを繰り返すと電源がつくはずです。

「WELCOME」の文字のあとに、モード選択画面に移ります。といっても「音楽(Music Mode)」「設定(Set Mode)」の2つしかありません。

Music ModeのところでMボタン(上)を一回押します。真ん中じゃないよ。すると音楽が再生され始めます。

初回起動時はイヤホンをつけたまま再生しないように。耳が死にます。一応本体裏にスピーカーが内蔵されているので、イヤホンをつけていなくても聴くことはできます。

ボリュームは、再生中に一度VOLボタン(下)を押し、スピーカーのマークが点灯したら左右キーを押して調整します。自分の場合はイヤホンだったら音量6~8ぐらいがちょうど良い感じかな。調節できたらもう一度VOLキーを押すと元に戻ります。

あとは直感で操作できるはずです。左右キーで次の曲・前の曲・早送り・巻き戻し。再生中にMボタンを押すとイコライザ・リピート再生・バックライト・コントラストを設定することが出来ます。説明書を読みましょう。

 

さて、使い方はここまでにして、このプレーヤーのレビューを。

 

<操作感>

操作感はあまり良くありません慣れですかね。自分は昔からこういう怪しい機械を買っては弄り倒してきたので慣れているんですが、初めて使う人は困惑するかも。

 

<画面表示>

タイトル表示に難あり。

デレマスの「Star!! (M@STER Version)」を再生している様子。

ファイル名は「Star!! (M@STER Version) .mp3」ですが、画面には「STAR!!~1MP3」と表示されています。

長いファイル名は表示されず短縮されて表示されることになります。例えば、

「ごきげん Party Night」を再生してみると。ファイル名は「Gokigen Party Night .mp3」ですが、GOKIGE~1MP3と表示されています。タイトルのはじめの6文字しか表示されません。

まあこれに関してはプレイヤーの中に入ってる曲をすべて把握していれば気になりませんが。

さらに日本語は表示できません。すべて半角英数字にリネームする必要があります。結構面倒くさいですがやっておかないと最悪プレイヤーがバグってフリーズする可能性もあります。

また、作りがチャチなのでボタンを押すと画面がバグったりすることもあります。その場合は一度電源OFFにすれば治ります。

 

<機能性>

音質はそこそこ良いです。低音から高音までしっかり出ています。とはいえども使うイヤホンによって聞こえ方は変わってきますので、間違っても付属イヤホンで聴いて「音質が悪い!」とクレームを言わないように。あれはクソです

以前買ったiPod Shuffleのパクリ、「aPod」なんかに比べればかなり向上しています。普段からハイレゾ音源とか聴いているひとにとっては物足りないのかもしれませんが、スマホで聴いてる人とかならそう大差ないと思います。

しかし背面スピーカーはあまり良くないです。よく聴いていると音程が少しずれている…?ピッチがきもち上になっているかも。素直にイヤホンか外部スピーカーを使いましょう。

EQ機能はついていますが、アテにしないように。NORMALが一番聴きやすいと思います。シャッフル機能が無いのは………なぜ無いんだろう…

電池の持ちはいま調査していますが、説明書には「充電時間2時間、再生時間2~3時間」と書いてあります。いま2時間ぶっ続けで聴いてもまだ持っているので、この説明書の記載を信じましょう。内蔵電池容量は110mAらしいです。この少なさだと多分、内蔵スピーカーで音量最大にして聴いていれば30分も持たないんじゃないかな…

-----

 

総括して、599円なら安い!という印象ですね。1000円するならもうちょっと頑張って欲しい。1000円以下で、普通に曲が聴けるレベルのプレーヤーをお探しの方は是非。

というか、Amazonでこれ買ってレビューで文句垂れ流してる人は素直にiPodWalkmanでも買ったほうが良いです。こういうのは思い通りに使えないからこそ面白いものだと思ってます。サポート全く無し、説明書は最低限のことしか書いていないものを自分で使い方を探りながら使っていくというのは結構楽しいことだと思うのですが…

まあ、自分だったら次はちゃんとしたプレーヤー買うけどね!以前使ってたプレーヤーが壊れてしまったので…スマホでも良いのですが、スマホだとLINEの通知とか来て音楽を集中して聞けないのです。みなさんも、スマホ以外にプレーヤーをひとつ持っておくことをオススメします。

 

ということで、もう一つ買った分は先日誕生日だった自分のリア友にプレゼントしたいと思います。自分の曲入りでな!

 

以上!くにまりでした。

 

スポンサードリンク